機械が当たり前にある生活

今、セルフレジとか増えて来ましたよね。
自分で商品をスキャンして、ピッとやって買うやつ。

それと同様に
どんどん職場に機械が導入されるようになっています。

今やもう、パソコンやコピー機
プリンターを使わない仕事なんてあり得ないですよね。

確かに機械は便利です。

逆に機械はどんどん進歩して行き
いずれ「感覚」を持ったロボットなんかが
開発されるかもしれません。

そうなると、人間と何が違うのか
わからなくなりますね。

しかし、その能力に頼りっきりになると
人間の能力はどんどん落ちて行きます。

AIが人間の仕事を奪う説について

俗に「AIが発達すると人間の仕事の大部分がなくなってしまう」と言われています。
僕は賛成の部分と「ちょっと違うんじゃないかな」と思う部分があります。

まず前提となるのは

人間の仕事そのものがなくなるということは無い

ということ。

それはもちろんそうです。
Aiを作ったのは人間ですから、それを制御する必要がありますし

人間と全く同じ能力を持った機械は
そう簡単に開発されるものではありません。

また、単純作業を機械がやるようになるということは
人間は他の仕事に意識を向けられるようになるということでもあります。

そうなると、自然と生産性も上がって行きますから
機械が発達するのは良いこともありますね。

なので
「仕事が機械に取られて全部無くなってしまう」と言うのは
偏った意見だと感じています。

しかし、AIが発達することにおいて
気をつけておかないといけないことがあります。

適当に生きてきた人間にとっては、辛い世の中がやってくる

先ほどの問題についてを正しく表現すると

頭を使っていない人間の仕事がなくなる

ということだと思うんです。

「頭を使っていない人間」とはどんな人たちのことかと言うと

具体的には

時給・日給感覚で働いている人たち

です。

そういう人たちは

自分が頑張って働こうと
誰かに仕事を押し付けようと

その日時にその時間だけそこにいれば給料が発生する

という考えになりがちです。

なので、バレないように仕事をサボるようになる。

同じ作業をするので、良くも悪くも
その仕事に「慣れて行く」ことになります。

その結果、だんだんとその人は
自分の頭で「工夫をする」ということをしなくなって行きます。

単純作業なら
機械の方が効率が良いに決まっています。

なので

何も考えず
ボーっとして
言われたことしかやらず
注意されたら逆切れする…

そんな従業員を雇うくらいなら
機械にやらせた方がずっといい

経営者ならそう思うことでしょう。

だから

適当に生きている人間の仕事が機械に取って代わられる

…ということなのだと思っています。

逆に、自分の頭を使って
クリエイティブに新しいものを生み出せる人は
機械に取って代わられることはあり得ません。

だからこそ、今の段階から

国や社会に頼らず自分の力で歩めるようになろう!

と、提案させていただいているのです。