自分の気持ちがわからない

僕は今まで

こうしなければ!
こうしたいと思っているはずだ!

と思い、動き、疲れ、何も出来なくなる…

ということを繰り返して来ました(苦笑)

それは子供のときから変わりません。

例えば、テスト勉強をしていて
普通の人が

あぁ、疲れたから休憩しよう。

となるところを、僕は

今、自分は疲れているのだろうか。
1時間も勉強していたんだから疲れているに違いない。
だから休んだ方がいいはずだ!

という思考になってしまいます。

そして、休んでみるのですが
疲れているのか疲れていないのか自分でもわからないし
「休まなければならない」という思考で休んでいるので
全然疲れが取れません(笑)

見直してみても、何か変です。

それは思い返してみると
幼少期の環境が影響しているのだと思います。

こどものころ

(のりくん1歳と半年くらい?)

子どもの頃は、きっと

あれがしたい!あれがほしい!

と、言っていたのだと思います。

しかし、いつしか

自分の気持ちを表に出してはいけないんだ

と思う出来事が増えて行った事から

周りの目を見て
した方がいいこと、すべきこと
に意識が向くようになりました。

だから、用事をこなしたり、誰かのために動くことは苦ではないのに
ぽっかり自由時間が出来ると、途端にそわそわし始めます。

今、自分は何をすべきなんだろう?
何をしたら一番良い結果が得られるんだろう?
誰か、知っているなら教えて欲しい!

という思考に苛まれるからです。

だから、僕の場合は
予定が詰め込んであった方が動けるんですね。

でも、体力には限界があるので
いずれ疲れ果てて何も出来なくなって、倒れます(笑)

そうなると、昔のゲームを引っ張り出して
最初からクリアまでやり尽くしてしまったりします。

これで、精神のバランスを取っているんですかね?