迷走する英語教育

また、教科書が大幅に改訂されるようです。

小学校で英語が科目として導入されて
その後、どんどん教える内容が増え

単語数も、文法も前倒しされるようで
これからの子ども達は大変になると思います…

当然僕もその流れに付いて行くために
勉強しているのですが

依然として、世間は

英語を話せるようになりたい!

という目線が無くならないようです。

英会話が神聖視される理由

僕が英語を教えていると
決まって言われることは

勉強なんかしたくない!
話せるようになれればそれでいいんだ!

というセリフです。

どうしてみなさん
英会話にそんなに固執するのだろう?

と思います。

僕が思うに、それはやはり

日本語を話すことに苦労した記憶が無いから

だと思っています。

母語は何の不具合も無く自由に使うことが出来ますからね。

しかし、外国語は
単語、文法、発音から勉強しないと使えるようにはなりません。

まず、ここで多くの人が挫折してしまうんですね。

だからこそ、「これだけ覚えれば誰でも話せる!」なんていう
宣伝文句に飛びついてしまうのです。

外国語を使うことって、「技能」ですから
身に付けるのに一定時間のトレーニングが必要です。

スポーツでも
すぐに出来るようにならないのと同じです。

でも、こと英語に関しては
皆さんすごく楽観的なのです。

どこかで腰をすえて

時間をかけてしっかり身に付けるぞ!

と思わない限り、英語は身に付けられません。

英会話産業の犠牲者たち

本屋さんに行くと、英会話についての本って
めちゃくちゃたくさんありますよね。

そして、一番最初に

英会話フレーズ集

に飛びつくのです。

いやいや、ちょっと待ってくださいよ…

あなたがこの文を読んで「ドキっ!」としたのなら…
きっと、買っただけで身に付かなかったのではないですか?

きっとそれは

手っ取り早く英語を口にして
相手に伝わったという快感を得たいから

なのだと思います。

しかし、当然のように
それをいくつか丸暗記したからと言って
自由な英会話が出来る様になるわけがありません。

英会話をこなすためには

お決まりのフレーズ

単語、熟語の知識
正しい文法の感覚
伝わる発音の技術

はもちろんのこと…

相手の話したことを理解するリスニング力
聞き取れなかった時の対応
簡単な言葉で言い換えられる力
英語だけを聞き続けられるスタミナ
自分のことを伝えたいと思う意思
外国語の文化的背景

などなど、たくさんの力が必要になります。
それにはやはりたくさんの練習が必要になります。

国民全員が英検3級満点合格

誰もがガンガン英語を使えるようにならなくても良いと思うのです。
そのために翻訳家、通訳がいるのですから。

しかし、それならば
中学3年までで覚える英語は使いこなせるようになりたいものです。

中学3年と言えども、あなどるなかれ。
僕達が普段使っている日本語だって、中学3年の英語で
ほとんど表現できるものばかりだと思います。

だからこそ

英検3級を極める!

ということに意識を向けると
日本の英語力の底上げになると思います。

「合格」なら大したことはありません。
満点合格、です。

これを国民全員に課すことは出来ないのかなと
いつも思っています。

そしてもちろん専門家は1級合格を目指して
勉強を続ければ良いのですからね。

これほど英語産業が発達しているのに
英語が出来なくて苦しんでいる日本人が数多くいるのは
どう考えても、どこかが間違っています。

変な参考書に踊らされる前に
国の検定教科書を100回音読して
全部の単語と文法を覚えてしまった方が
よっぽど力になると思っています。

いつか、自分の英語参考書を書くのが夢です^^