「なるほど!」「そうだったのか!」を大切にしています^^

はじめての方へ

  • HOME »
  • はじめての方へ

このページについて

初めまして!
noriny(のりにぃ)と言います。

数あるサイトの中から
僕のページに来てくださって
どうもありがとうございます!

このページは

英語をもう一度やり直したい!

と思われている大人の方へ

「なるほど、そうだったのか!」
「これなら自分も出来るかも?」

という

【氣付き】を提供することを使命
運営しています。

レベル的には

英検2級
TOEIC730

までを目標にしている人に
ピッタリだと思います。

それ以上のレベルを目指そうとしている方には
あまり合わないかもしれないです。

その他にも

音楽(主にロックギター)
人生観

など、僕個人のことについても書いているので
そちらも読んでいただけると嬉しいです!

カテゴリーは適宜追加予定です。
どうぞよろしくお願いします。

僕が英語の記事を書く理由

世の中には、英語に関しての
本やサイトが山のようにあります。

そんな中、どうして自分が
英語の記事を書こうと思ったのかを
お伝えしたいと思います。

自分が苦しんだから

僕自身、学生時代
英語が得意ではありませんでした。

ただひたすら文法と単語を詰め込まれ
問題を解かされてばかりで

英語の面白さなんて全く感じないまま
あっという間に大学生になりました。

しかし、そんなある時に
英語にものすごく興味を持ったきっかけ
に出会います。

その時

こんな風に教えてくれていたら
もっと英語が好きになったのに!

と、衝撃を受けたのです。

なので

今度は僕がそれを多くの人に伝える番だ!
英語に苦しんでいる多くの人の力になりたい!

と思ったのです。

相性があると思っているから

世の中に英語の先生はたくさんいます。

人もたくさんいますが
「これこそが真の勉強法だ!」なんて謳い文句で
様々な塾や教材が生まれています。

本当にすぐれた教え方があるのなら
それだけが一人歩きするはずなのに
それは一体なぜなのでしょうか?

僕が思うに、それは全て
「先生と生徒の相性」だと思っています。

皆さんも、学生時代に感じませんでしたか?

今までずっと英語が苦手で嫌いだったけど
この人に教わったら点数が上がった!

というような経験が。

しかし、他の人は

え?別に自分はこの人の授業嫌いじゃないけど…

と感じていたりする。

もちろん、多くの人に好かれる先生や
嫌われる先生というのはいますが

たくさんの本を出している
超有名な先生の授業でさえ

超わかりにくかった~!

とボヤいている子もいました。

だからこそ、僕の説明がピタリとハマって

norinyに教わって良かった!
このサイトに出会えて良かった!

と思ってもらえれば嬉しいです。

日本人だからこそ分かりやすく教えられる

世の中はネイティブ信仰が根強いですね。

それはきっと

日本人の英語講師は会話は苦手だ。
外国語を学ぶのは外国人に習うのが一番良い!

という発想だと思います。

もちろん、それが理想なのはわかっています。

しかし、子どもの頃から英語圏で生活して
母語として身に付けてしまわない限り

英語は
「頑張って修得しなければならない技術」
なのです。

確かに、日本人の英語講師は
英語よりも日本語の方が得意に決まっていますし

英語の「表現力」に対しては
ネイティブには一生適わないのです。

しかし、英語を学んできた日本人だからこそ
日本人の苦手なところが理解できます。

また、大人になってから英語を学び始めた人は
日本語でちゃんと説明してもらわないと
理解できないのでに先に進めません!

英語を「勉強した気になっている」のが
一番いけないのです。

大手の英会話スクールは

ウチのスクールは日本人を指導するための
厳しい審査を通過したネイティブ講師です!

なんて謳っていますが

そんなめちゃくちゃ高いお金を払ってまで
受ける授業ではないと思います。

英会話スクールは行くタイミングを考えないと
時間とお金のムダになりますから、要注意です。

理屈を知りたいと思う人がいるはず

僕は英語を教えていますが
脳内は思い切り理系です。

「なぜ、こうなるのか?」

という思考をとても大切にしています。

なので

これはこういうものだから、覚えなさい!

という指導が
するのも聞くのもとても苦手です。

もちろん中には

「なぜ、goの過去形はwentなんですか?」

というような
英語の歴史まで遡らないといけないものも
中にはありますが(苦笑)

基本的に、英語は日本語よりも
「しっかりと」理解できる言語です。

それなら、なるべく疑問が残らないように
きっちりと説明するのが
教える方の義務だと思っています。

なので、僕の説明が肌に合わない方も
たくさんいると思いますが

それは、前述した【相性】の問題だと思うので
自分にしっくり来る先生を探してみてください。

自分にピッタリの先生に出会えた時
飛躍的に出来るようになったりしますからね♪

英語力と指導力は別物

英語を教えていながら
僕の英語力はそれほど高いわけではありません。

瞬間最大風速でTOEICが825点。
英検は中学の頃に3級を取ったきり
受けていません(汗)

大学生の時

英語を教えるなら
TOEICは900点くらい持っていて当たり前だ!

と教授に言われましたが
未だに取れていないのが恥ずかしいです。

しかし、今まで

先生に英語を教わって本当に良かった!

と生徒達に言われてきたことが
励みになっています。

講師の中には
TOEIC連続満点講師!
なんて肩書きをお持ちの方もたくさんいますね。

そのような方々はテストを細部まで知り尽くし
英語力そのものも素晴らしいと思います。

ただ、その人の英語力と
「わかりやすく教える力」は
別物だと思っています。

僕は英語力はそこそこですが
わかりやすく教えられる自信はあります。

今まで、英語の勉強で挫折してしまった人は
僕の解説を隅々まで読んでみてください。

「なぜ?」→「そういうことか!」の喜び

僕は何かを学んでいて
「なるほど!」と思った時に喜びを感じます。

そして、教えている時に
生徒が「そうか!」という反応を示してくれると
疲れが一瞬で吹っ飛んでしまいます。

難しいことは考えなくていい。
とにかく言う通りにすればいい。

そういう先生もいます。
確かにその方がラクに見えるので
最初は取り組みやすいですよね。

でも…それでは長続きしないんです。

なぜなら
英語の学習はとても大変で、辛いもの
だからです。

一歩一歩、着実に理解して
進んで行くしか在りません。

そのために
「心からの理解」がとても大切になるのです。

講師は最初にラクな道を
提示してしまってはいけないと思います。

それが

「先生」=「先に生きる人」

の役割だと考えています。

心の恩師:大西泰斗先生と薬袋善郎先生

僕は大学時代に
大西泰斗(おおにしひろと)先生
ハートで感じる英文法 シリーズと

薬袋善郎(みないよしろう)先生
英語リーディング教本 という著作に

深く影響を受けています。

大西先生からは

外国人がその文型を選ぶ理由
文法用語に捉われない単語や文法のニュアンス

薬袋先生からは

一つ一つの英文を確実に読解する英文解釈の力

を学ばせていただいたと思っています。

なので、このお二方の著作をお持ちの方は
僕の説明がとても似ているなと
思われるかもしれません。

しかし、そこに僕なりの解釈や説明を
加えていきますので、ぜひご期待くださいね♪

norinyプロフィール

学生時代6年間個別指導塾のアルバイト
高校英語教員として約7年ほど指導

その際に

・生まれて初めて英語を勉強した氣がした
・今まで見たことの無いアツい先生
・自己紹介を聞いた瞬間、付いて行こうと思った

などという感想をたくさんもらう。

その後、英語学習に悩む社会人にも
文法や発音を指導し、好評を得ている。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © noriny All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.